Twitter ID

Recent Trackbacks

Google検索窓

  • Google


    このブログを検索
    ウェブ全体から検索

@nifty:デイリーポータルZ:デイリー道場:皇室ともゆかりがある「静岡県の端・小和田に行ってみる」、など

静岡の端は地球の果てよりも遠い・・・。

リンク: @nifty:デイリーポータルZ:デイリー道場:皇室ともゆかりがある「静岡県の端・小和田に行ってみる」、宮川さんが熱く語る「地元のことは、地元のハトに聞いてよいのか」の2本です。.

「芸術文化と社会を結ぶネットワーク会議 第3回全体会議」・・・に行ってきた。

 ・・・という、長いタイトルの会議というかイベントに行ってきた。
 グランシップ、芸術劇場の2階、劇場入り口の手前のカフェあたりが会場だった。ピロティとかいうらしい。なんか、ロシアの料理にそんな名前の奴があった。いま気がついたロシアかーそーかー、こんなところにも某S様の亡霊が・・・いやいやいやいや。
 パネラーが、らせん劇場の都築さんとSPAC芸術監督の宮城さん。呼びかけ人が静大の先生だというこの会議は、もう何回か開かれているらしいのだが、今回のテーマが「演劇」だということでらせん劇場の都築さんがわれわれにも声をかけてくれた。
 SPACの本拠に乗り込んで・・・(笑)という形だったがSPACも鈴木さんの時とは多少違う感触だ。宮城さんのスピーチには、ちょっとぐっと来た。
 宮城さん、都築さんのスピーチの後、フリートークになったので、思っていることを一言言わせていただいた。「芸術」というものにどれほどの価値があるか・・・というよりどれほどの価値を認めるべきか、自分には本当に本当に分からないのよ。少なくとも芸術が特権的であるべきではないと思う。芸術だからといって何でも許されるということでもないと思う。ただやっぱり、間違いなく必要とされているものだとも思う。
  generated by feedpath Rabbit

「煙草の害について」柄本明演出、出演

 というわけで、柄本明演出、出演の「煙草の害について」を見てきた。
 もともとの戯曲は、上演時間にして20分ぐらいのもので、それに柄本明が「チェーホフの他の小説などからエッセンスを取り入れて」1時間程度の芝居にしたとのこと。
 芝居を見る前にGoogleで集めた記事には、「怪演」「怪優」という言葉が目立つ。なんぼのもんじゃいと思いながら出かけたが、紛れもなく、本当に「怪演」だった。
 話自体に手が加わっているせいか、これはチェーホフなのかそれとも柄本明のネタ集なのかと思ったりもしたが、いや面白かったからネタ集ならネタ集でもよかったんだけれど、最後の哀感溢れるくだりになると、「チェーホフの言いたかったことは、こういうことだったんじゃないか」と、チェーホフの真髄を見せられた気になるから不思議だ。いやまあ、それが狙いなんだろうけど。
 この芝居の静岡での上演に携わられたみなさま、ありがとうございました。またよろしくお願いします。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

SBS通りを自衛隊の装甲車が(笑)

 先ほど、静岡市南部図書館から自宅に帰ろうと、車の中で信号待ちをしていたワタクシの目の前を、SBS通りを、休日で混み合う商業施設セントラル・スクェアのすぐ横を、

 自衛隊の装甲車が2台(笑)、

 通っていった。

 ・・・よく映画や小説であるでしょ、こういう会話。

 A「大丈夫かよこんな普通の道、装甲車が通って。あやしまれないか?」
 B「大丈夫よ、みんな映画のロケだって思うわ」

 ・・・ほんとだね(笑)。

 それとわたくし、その装甲車をカメラにおさめようと、いやいたしましたね。撮れなかったけど。残念!

「早稲田文学」@戸田書店静岡本店

純文の人、
特に古典の人の本の略歴などによく登場する、
「早稲田文学」
という言葉。

なんのことだと思っていたら、

「早稲田大学文学部でつくっている文芸誌」

だということらしい。

「早稲田大学」
でつくっている文芸誌だから、
「早稲田文学」

・・・安直だ、と決して言ってはいけない。
つまりそれは、長州力に向かって「長州小力に似てますね」ということと同じだ。
坂本龍一に向かって「はにわに似てますね」というたとえも思いついたのだけれど、これはなんとなく面白いんだけど、けどなにが言いたいのかよく分からん。いや少しまともなことを言えば、なんでも坪内逍遙が創刊したということで、それは「文学」という言葉だって定着していなかった頃だ。「早稲田」で「文学」をやるのだと、決意表明にも似た気持ちを込めた名前なのだと思う。

その早稲田文学が最近、
書店売りをやめて、ページを減らして今風のデザインにしてフリーペーパーにしたら部数がどーんと増えた、
という新聞記事を、少し前に読んだ。「ふーん」と思っていたのだがこないだ静岡駅前の戸田書店に行ったらそれがあった。のでもらってきた。

それがこれだ。

気になった人、それから自分のようなミーハーは戸田書店静岡本店にGO!
残部僅少、だったよ。

July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter Memo

  • memo
無料ブログはココログ